こんなときご相談ください

司法書士は、こんなとき、あなたのお役に立ちます。

日常の生活の中の問題やトラブルは、ほとんどが法律的に解決できます。司法書士は、あなたから相談を受けて、手続や対処法に対する適切なアドバイスをすることができます。 司法書士には「守秘義務」があります。安心して、なんでもお話ください。

裁判の代理と本人訴訟支援

裁判所管轄の民事事件では、司法書士(簡裁代理認定司法書士)が、本人の代理人となって交渉・和解・調停を行うことができます。

イラスト
例えば
  • 悪徳商法にだまされた!
  • 大家さんが敷金を返してくれない!
  • 借り主が賃料を払ってくれない。
  • 交通事故で追突された。車の修理代を払ってほしい。
  • 給料・バイト料が未払い。

ページトップ

クレジット・サラ金等の借金返済相談

お一人で悩まずに、まずはご相談ください。個々の事情に応じた解決方法をアドバイスします。手続きを司法書士に頼んだ場合の費用が払えないという方にも、一定の要件により「民事法律扶助制度」を利用することが出来ます。

イラスト
例えば
  • 何年も返済を続けてきたのに一向に借金が減らない。
  • 自己破産するってどういうこと?全てを失ってしまうの?
  • 過払い請求をしたいが方法が分からない。
  • 多重債務に陥っているが、破産だけは避けたい。

ページトップ

不動産売買や贈与相談(不動産登記)

不動産の名義を変えたり、担保を付けたりした場合、法務局と呼ばれる役所で手続きを行います。この手続きは、不動産登記手続と呼ばれ、司法書士が代理して行っております。

イラスト
例えば
  • 土地や建物を売った(買った)。
  • 土地や建物を贈与した。
  • 土地や建物を担保にお金を借りたい。
  • 土地や建物を相続した。

ページトップ

相続・遺言をめぐる相談

相続・遺言は、トラブルの元になりやすいものです。 ルールを守っていない遺言は、原則的に無効です。大切な相続や遺言は専門家にお任せください。

イラスト
例えば
  • 子供がいない場合、自分の財産は全て配偶者のものになるのか?
  • 相続人の中に行方不明者がいる場合はどうなるのか?
  • 元気なうちに遺言書を作成したいと考えている。
  • 相続財産を、特定の相続人に相続させたくない。

ページトップ

成年後見制度に関する相談

精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申し立てをして、その方を法律面や生活面で援助する人を付けてもらう制度です。

イラスト
例えば
  • 今は元気でなんでも自分で決められるが、将来認知症になったら・・・
  • 知的障害を持つ子供の将来が心配。
  • 一人暮らしの老後を安心して過ごしたい。
  • 親の介護をしているが、兄弟から財産管理について文句を言われた。

ページトップ

会社登記・企業法務の相談

平成18年5月1日より、新会社法が施行されました。新会社法に基づく会社には、株式会社・合名会社・合資会社・合同会社の4種類があります。会社や各種法人を設立したり合併するなどの登記手続きや、増資・役員変更などの登記手続きの代理を行います。

イラスト
例えば
  • 会社を設立したい。
  • 会社の営業種目を増やしたい。
  • 会社の資本金を増やしたい。
  • 現在有限会社を経営しているが株式会社に変更したい。

ページトップ

司法書士会について
山梨県司法書士会
〒400-0024
山梨県甲府市北口1-6-7
電話での受付時間
月〜金 9:00~17:00
TEL.055-253-6900