法律問題Q&A

クレジット・サラ金問題

多額の借金が返せない場合、どのような解決方法がありますか?

消費者金融や信販会社から多額の借金をしている主婦(パート)です。当初は、自分で返済できる範囲で借金と返済を繰り返していましたが、今では月々の返済のために借金をする状態です。どうしたらこの多重債務から脱出できるでしょうか。

借金は「借りたお金は返します」という契約ですので、返さなければなりません。しかし、あまりに多額の借金を背負ってしまった場合は、その返済のために、人としての生活が成り立たなくなってしまう恐れがあります。そのような状態になる恐れがある場合の救済手段として次のような方法があります。あなたにどの手続がふさわしいか、司法書士に相談してみてください。

自己破産手続
どうやっても返せないほどの借金をかかえてしまった場合は、破産手続を選択することになります。税金などの一部を除き、すべての支払い義務がなくなります。破産のデメリットについては「破産のデメリット」を参照ください。

民事再生手続
継続的な収入を得る見込みがある債務者が、一定額を原則3年間で分割弁済することによって、残りの債務について支払い義務を免れることができます。住宅を手放すことなく手続きを進めることもできます。

任意整理
簡易裁判所における訴訟代理権の認められた司法書士が、依頼者に代わり、各債権者と個別に協議します。利息制限法に定める利率を超えて支払っていた場合は、利息計算をし直したうえで残高を確定し、依頼者の可能な範囲での支払いについて交渉します。

特定調停手続
簡易裁判所の調停委員が間に入り、債権者と債務者が今後の支払い方法について調整します。

相談の際には、消費者金融や信販会社から受け取った書類(契約書、ご利用明細、カード、督促状、等)や借金リスト(借りた会社、借金の額等を記載したもの)、家計簿等があると状況の把握に役立ちます。また、あなたが月々いくらの返済が可能なのかを判断するために、あなたの借金についてだけではなく、他のご家族など、家計全体の状況についてもお話をうかがうこともあります。
なお、“債務整理の専門家(団体)”を名乗る中には、債務者の窮状につけこむ、悪徳業者がいますので、充分注意してください。

法律問題のトップ

ページトップ

司法書士会について
山梨県司法書士会
〒400-0024
山梨県甲府市北口1-6-7
電話での受付時間
月〜金 9:00~17:00
TEL.055-253-6900