法律問題Q&A

クレジット・サラ金問題

保証人をやめられますか?

友人に頼みこまれ、仕方なく借金の保証人になりました。いろいろリスクを考え保証人をやめたいのですが、よい方法はありますか?

結論からいうと、「これ」という絶対的な方法はありません。保証契約は、あなたと友人との間の契約ではなく、お金の貸し主とあなたとの間の契約になります。いったん締結した契約に関しては、相手方の債務不履行など特別な事情がない限り、その契約関係から逃れる方法はありません。お金を貸す側の立場としては、いざとなったら保証人が返済してくれると信頼して、借り主にお金を貸しているのですから、借り主と保証人が交際をやめるなどの事情は、「それはそちらサイドの勝手な事情でしょう」と言われてしまうのがオチです。

保証人をやめる唯一の方法として考えられるのは、代わりの保証人をたて、貸し主に、その代わりに自分が抜けることを頼みこむよりほかはありません。もっとも、仮に代わりの保証人を見つけても、貸し主が了承しなくては、保証人を降りることはできません。彼に、代わりに保証人になってくれる、あなたと同等あるいはあなた以上に資力のある人を見つけてもらうように頼むほかないでしょう。

今となっては手遅れですが、安易に他人の保証人にならないこと、これが一番重要です。保証人となったために、破産してしまう人も現実にいるのです。できるだけねばり強く貸し主と交渉し、一刻も早く保証人から抜けるよう努力するとともに、今後は、安易に保証人にはならないよう、十分に注意してください。

法律問題のトップ

ページトップ

司法書士会について
山梨県司法書士会
〒400-0024
山梨県甲府市北口1-6-7
電話での受付時間
月〜金 9:00~17:00
TEL.055-253-6900